-2000円取引画像あり。企業、調達金利マイナス 三井住友リースがCPで初って・・・ - 株式投資実践中★ジャスティスK~10倍株予想~

-2000円取引画像あり。企業、調達金利マイナス 三井住友リースがCPで初って・・・

こんにちは。ジャスティスKです。
↓よかったら応援クリックお願いします↓

本日-2000円
月間+321000円
本日トレード銘柄:
4565そーせい
20160324.gif

久しぶりに負けました涙
朝一で+4万円ぐらいだったので、今日はかなり勝てるのでは?と思ったいたのですが、
午後には、-6万円までいったよ涙

4565そーせいを何回も売りにいったんだけど、全部担がれて損切り。。。
明日から売りはやめよう。。。神に誓う。

最近の相場は一方向に進む傾向があって、弱いから下がるとか言う概念はもうやめたほうが良いのかな。
相場が完全に上向きで強いのに売りしているのが稼げない原因ですね。
マザーズ凄く強いですし。

明日からは買いのみにします。

企業、調達金利マイナス 三井住友リースがCPで初らしい。

民間企業が初めてマイナス金利で資金調達。

三井住友ファイナンス&リース(F&L)が満期まで6カ月の債券を年マイナス0.001%で50億円発行する。

日銀が2月に導入したマイナス金利政策の影響で様々な金利が大きく下がったため。企業がお金をもらって借金するという異例の事態で他の企業にも広がる可能性がある。

お金を借りると、お金が増えるという。。。借りただけ特とかありえないですね。

三井住友F&Lが発行するのはコマーシャルペーパー(CP)と呼ばれる短期社債。

借り手は本来利子を支払うが、今回は50億円を借りた上で2万円あまりの利息を受け取ることになる。

国債ではすでにマイナス金利での発行があったが、民間企業にも及んできた。23日に金利などの発行条件を決め、月内に発行する。

50億円借りて+2万円で返ってくるなんて。、。

背景にあるのは日銀が2月に始めたマイナス金利政策だ。政策が始まってから様々な金利が大きく下がり、いまでは国債の大半はマイナス金利になっている。金利がプラスの債券が急減しており、民間企業が借りる金利にも強い低下圧力がかかっている。

 さらに日銀は金融緩和の一環でCPそのものを買い入れている。2兆円強の保有残高を維持するため、どんなに低い金利でも買い入れる方針だ。市場に流通するCPが減っている影響もあって、17日には平均の購入金利がマイナス0.194%と過去最低を更新し、国債の金利も下回った。

 投資家がマイナス金利のCPを買って満期まで持てば確実に損する。だが、満期までに発行金利よりも低い金利(高い価格)で日銀に売れば利益を得られる。今回マイナス金利のCPが発行されるのも、こうした転売をねらった需要が多かったとみられる。

 日銀の黒田東彦総裁は「必要ならさらに金利を下げる」と話している。CPやより期間の長い融資や社債も金利は下がりやすくなっており、今後、民間企業でもマイナス金利の発行が広がる可能性もある。

 先週までは決済を担う証券保管振替機構(ほふり)のシステム対応が追いつかず、0%ちょうどでのCPの発行が多かったが、今週から発行が可能となった。

↓よかったら応援クリックお願いします↓


【3月収支報告】
1日+22,000円
2日+16,000円
3日+ 7,000円
4日+19,000円
7日+23,000円
8日+ 5,000円

9日-49000円
10日+24,000円
11日+39000円
14日+140000円
17日+23000円
22日+41000円
23日+31000円

24日-2000円


月間+321,000円

↓よかったら応援クリックお願いします↓

ちょっと用事がありますので、また記事あとで書きます。
関連記事

AAAAAAAAAAAAAAAAA
コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 株式投資実践中★ジャスティスK~10倍株予想~ All Rights Reserved.