世界の株式、日欧株が下落 ドル安で企業業績に警戒感 今週(3月28日~4月1日) - 株式投資実践中★ジャスティスK~10倍株予想~

世界の株式、日欧株が下落 ドル安で企業業績に警戒感 今週(3月28日~4月1日)

こんにちは。ジャスティスKです。
↓よかったら応援クリックお願いします↓

↓日経新聞にこんな記事が↓
今週(3月28日~4月1日)の世界の株式市場では日本や欧州の株価下落が目立った。売りの背景にあるのがドル安の進行に伴う企業業績の先行き不安だ。イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長は3月29日の講演で追加利上げに慎重な姿勢を示し、ドルを売って円やユーロを買う動きが拡大。ドル安の恩恵を受けやすい米国や新興国の一角は上昇し、利上げ観測の後退を巡り明暗が分かれた。

下落率の首位は日本株。1日まで4日続落し、1カ月ぶりの安値水準をつけた。円相場は1ドル=112円台と円高基調で推移し、収益に逆風となる輸出関連株を中心に売りがかさんだ。1日発表の3月の全国企業短期経済観測調査(短観)の内容が低調だったことも売りに拍車をかけた。

 欧州株も軟調だった。イタリアが前の週に続いて2%超の下落となったほか、ドイツとフランスも低迷した。ユーロ高の悪影響を不安視する売りに押された格好だ。

 一方、好調さが目を引くのが米国株。1日に約4カ月ぶりの高値水準をつけた。ドル安という追い風に加え、1日発表の3月の米雇用統計と米サプライマネジメント協会(ISM)の製造業景況感指数がともに堅調な内容だった。米経済の先行き期待が強まり、投資マネーの流入を促した。

 ブラジルやトルコなど新興国の一角も上昇した。米国の緩和的な金融政策が長期化するとの観測が支援材料となった。下値不安が後退していた原油価格がここにきて再び下落しており、新興国でも南アフリカやロシアなどの株価は振るわなかった。
(日経新聞抜粋)
↓よかったら応援クリックお願いします↓

東証一部の銘柄はただ下がりの一週間でしたね。
下げが厳しい一週間だったみたいです。
ちなみに、日足チャートはこんな感じになっています。
201604021.gif
4月1日の下げ!!!!!!!!!
やばい!!!!
来週から雰囲気最悪になるでしょうね。
1ヶ月かけて戻した日経平均17000円をたったの一日で500円以上下げるという。



の相場です。

来週から完全売り目線相場でいいのかな。
そーせいも売り売り売りまくりや!!!!!!!!

↓よかったら応援クリックお願いします↓


【4月収支報告】
1日+7,600円

月間+76,00円
↓よかったら応援クリックお願いします↓

【月間収支報告】
2016年3月+472,000円
2016年2月+241,000円
2016年1月+9,000円

2016年12月-33,000円
2016年11月-83,000円
2016年10月-315,000円
2016年9月-163,000円
2016年8月-237,000円
2016年7月-129,000円

合計-156,000円

↓よかったら応援クリックお願いします↓
関連記事

AAAAAAAAAAAAAAAAA
コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 株式投資実践中★ジャスティスK~10倍株予想~ All Rights Reserved.