国内線の客室乗務員(CA)契約社員制度を廃止し、全CAを正社員として雇用 - 株式投資実践中★ジャスティスK~10倍株予想~

国内線の客室乗務員(CA)契約社員制度を廃止し、全CAを正社員として雇用

国内線の客室乗務員(CA)契約社員制度を廃止し、全CAを正社員として雇用
こんにちは。ジャスティスKです。
↓よかったら応援クリックお願いします↓

国内線の客室乗務員(CA)契約社員制度を廃止し、全CAを正社員として雇用するらしいです。
2016年4月1日から。花がある国内線の客室乗務員(CA)と言う職業ですが、いままで契約社員だったことに驚きました。
どんな仕事でも厳しいんだなーと思ってしまいました。
それにしても、国内線の客室乗務員(CA)とか響きかっこいいですね。
↓よかったら応援クリックお願いします↓

国内線の客室乗務員(CA)契約社員制度を廃止し、全CAを正社員として雇用
女子学生の就職人気ランキングは毎年、華やかな企業の名前が並ぶ。航空会社や化粧品、食品会社――。一線で働く若手社員の仕事や生活は本当に「キラキラ」しているのか。ランキングをもとに取材してみたところ、多くの「キラキラ」女性

■JAL客室乗務員、あすから正社員

 「仕事が楽しくて仕方ない」。開口一番にこうきりだしたのは日本航空(JAL)入社1年目の呉侑美(くれ・ゆみ)さん(22)。国内線の客室乗務員(CA)だ。JALは4月1日からCA職の契約社員制度を廃止し、全CAを正社員として雇用する制度を始める。これまではCAは採用時は契約社員で、勤務実績などをふまえて3年後に正社員に登用していた。

 呉さんも時給制だった給与が月給に変わる。月数万円ほど給与が上がり、ボーナスも加わる。これまで20万円ほどの一時金はあったが、給料2.5カ月分に引き上げられるため、年収ベースでの給与の上昇は大きく、従業員のモチベーション向上が期待されている。

 2010年に会社更生法を申請したJALは、経営再建がほぼ軌道に乗った段階。一時期は就職人気ランキングで200位以下まで低迷していたが、学情が発表した2016年卒の女子学生就職人気ランキングでは4位にまで復活した。関係者によると、ライバルの全日本空輸(ANA)と両方内定をもらった学生が、JALを選ぶ比率も上がってきているという。

 呉さんは「もともとCAだけを目指していたわけではなく、頭の片隅にあったくらいだった」という。「会社説明会で会ったCAさんがとてもいい人で、次の説明会でも名前を覚えていてくれて感動した。この人と働きたいと思った」のが決定打だった。

 呉さんの担当するフライトのスケジュールは毎回違うが、4日間勤務して、2日間休みのルーティンで、1日3便程度は搭乗する。

 昨年10月のあるフライト中、40代くらいの女性客から手紙を渡された。「おしかりの言葉だったらどうしよう」とそわそわしたが、手紙にはこんなメッセージが。「今日はとても素晴らしい笑顔に会えて幸せな気分でいられました。貴女の笑顔と立ち振る舞いはとてもステキです。これからも頑張って」

 「うれしくて、うれしくて。その場で笑顔が止まらなかった。今ではその手紙を仕事のお守りとして毎日持ち歩いている」(呉さん)。仕事が早く終わる日や休日は、もっぱら趣味の食べ歩きを楽しむ。

 長く女子学生のあこがれ職種だったCA。1990年代に高コスト体質が改められ、契約社員化が進んで以降、その人気には陰りも見られたが、また「キラキラ」職種として復活してきそうだ。
(日経新聞抜粋)
↓よかったら応援クリックお願いします↓


【4月収支報告】
8日+66,000円
5日+57,000円

4日-54,000円

1日+17,000円

月間+86,000円
↓よかったら応援クリックお願いします↓

【月間収支報告】
2016年3月+472,000円
2016年2月+241,000円
2016年1月+9,000円

2015年12月-33,000円
2015年11月-83,000円
2015年10月-315,000円
2015年9月-163,000円
2015年8月-237,000円
2015年7月-129,000円

合計-156,000円

↓よかったら応援クリックお願いします↓
関連記事

AAAAAAAAAAAAAAAAA
コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 株式投資実践中★ジャスティスK~10倍株予想~ All Rights Reserved.